風流な夏祭りの浴衣姿に憧れる私

夏祭りってすごく風流ですよね。
屋台にはかき氷があったり、そして冷たいビールで乾杯したりして、思い出しただけでも最高な気分になれます。
さらに男性の浴衣。

この男性の浴衣姿、私は大好きです。
肩幅の広い男性は着物がしっくり似合います。
そして、着ものよりも薄手で薄着になる浴衣はさらに身体のカッコいいラインをより一層引き立ててくれます。
逆に少しがっちりしている男性の方が浴衣姿、素敵かもしれません。
そしてもちろん、女性も浴衣は可愛いですよね。
女性の場合は浴衣に付ける帯やヘアアクセサリーなどで遊び心を出せる部分が多くあります。
私は自分でどうにかこうにかしてやっと浴衣を着られる?…くらいないのですが、やはり夏祭りになると浴衣を着たくなります。
そして、団扇で仰ぎながら、屋台が連なっている道を歩きたいです。
そして、お決まりの花火大会なんかもいいですよね。
花火を見に行くお客さん達が浴衣姿で列を作っていると、すぐに目がいってしまいます。
本当にあの浴衣の後姿もいいんです。
首筋が見えたり、そして後姿なら自分の理想の人を妄想で作り上げちゃったりすることもできます。
夢のある浴衣を私も去年の夏、お祭りに着て出かけました。
下駄も履き、もう気分は「ニッポン、ハナビ、浴衣、万歳!」みたいな感じです。
その時におばさんが出てきて、「ちょっとちょっと!」と私を屋台裏の方へ手招きするのです。
なんだろう…と思って付いていくと、おばさんが小さな声で私に教えてくれたのです。
「あなた、浴衣の襟、右と左が反対に出てるわよ!」
もう私は絶句。
確かに初心者用の本で浴衣を着たつもりが、ずっと鏡を見てきていたので左右反対になってしまったのです。
その日は、もう恥ずかしくて、タオルを最後首元に巻いてしまいました。
あぁ…でも浴衣好きなんです。
浴衣で出かけたいんです。
だけどやっぱ私に浴衣を着るのは難しいのかもしれません。
次回は誰かに頼ることにします。

»