ワーキングホリデー

昔にワーキングホリデーという制度を利用して、カナダへ留学したことがあります。

現地のお店でバイトをしながら、英語を習得しました。
そんなに使うことがない今でも、たまに出会う海外の方と国を関係なくコミュニケーションをとれることが英語を学んでよかったことです。
その国際交流の中で新たな出会いがあったり、それをきっかけに相手の国へ遊びに行くことが出来ますし、自分の中の認識や世界が広がるいい機会になっています。

ただ日本人なら当たり前や当然だったりする習慣や認識が、その国では全く伝わらなかったり、逆に失礼にあったたことがありました。
あと、あまり早く話されると内容が不明瞭になってしまい、何となく分かったふりをしていると当然相手に質問されて、答えに詰まり、相手を不安がらせてしまったことがあります。

もっとわからない時は、素直に分からないと伝えるべきでした。
英語を話せるだけでレベルはともかくトークのネタにはなりますね。
どんな場面でも海外で生活してこんなことに困ったとかこうすることが当たり前とか日本では知り得ない体験談を持ってることは、強みになると思います。

あとは海外の方で特に日本に興味がある方は積極的に関わり合いをこちらに持とうとされるので、英語など言葉が通じ合うだけですぐに友達となり、色々なところに出掛けるときも積極的に行動してくれる最高の友達になりえます。

イベント事に誘ったら、予定が合えばすぐに来てくれますし、こちらが素直に誘えば、好意的に参加してくれます。

またその海外の方の友達を紹介されたり、もっと自分の中の知り合いも増え、興味深い話や考えを聞くことが出来ます。

«
»