ぐうたらな私が考える2度寝の良さ

2度寝って最高に幸せです。
私は2度寝が大好きなので、何回か寝坊してしまい痛い目にあったこともあるほどです。
でもやめられません。
非常に心地がよいのはなぜでしょう。

あまりにも2度寝が好きなので、いつも起きる時間よりも30分前に目覚ましをかけています。
その時点で、2度寝確定なのですが、1回目に寝た時間よりも、2回目に寝た時間の方が長く感じられるのは私だけでしょうか。
1回目で大体6時間くらい寝て、2回目で30分。
なのに、2回目の方が「集中して眠れた感」があるのです。
こんなことを考える私は本当にぐうたらなのかもしれませんが、実際集中して寝ているのかもしれません。
たまに、2度寝している時に何度か子どもに起こされることがあるのですが、あまりにも眠りが深いと起されていることにも気付かない時があります。
特にこの季節、布団から出られずに、温かい布団でぬくぬくと…していたいと誰もが思うはずです。
もしも、家族の誰かが先に起きていてリビングを温めてくれている…なんてことは実際ありませんが、もしものもしもあるとしても、私はすんなり起きられません。
でも、もしさらに、今起きればだれかが私の代わりに朝御飯を作ってくれると言ってくれたら…と考えても、2度寝をとります。
元々寝ることが好きなのですが、さらに2度寝の場合、一回起されているので「無理やり起された」という感覚ではなく、自然に起きたという自発的な目覚めに変わる様な気がします。
そう思うと、あの目覚ましの音も一回目よりも二回目の方が優しいような気がしてきます。
いや、全く同じ音で同じ音量なんですが…。
それでも、2度寝の目覚めの優しさは私をいつも幸せにしてくれています。

«
»