海に行きたいな

季節問わず海が好き。
潮風で錆びるような身体じゃなくて本当に良かった。

表題にもある通り、海が好きなんですよー。
と言っても海水浴はあまり好みではなく(太っているため笑)、バーベキューをしたり水平線を眺めたり、夜の海で花火をしたりとそういう楽しみ方が好きなんですね。

日本海側に住んでいる私は、海まで車でおおよそ20分程度の場所に住んでいます。
ならよく行ってるのかと思いきや、好きでも近いと案外行かないもんなんですよね。
いつでも行けるし。
友達に誘われたりなんかの理由があれば全然行くんですけど、一人じゃなかなか行かないです。
仕事に疲れてカッコイイ自分を演出したい時に行くくらいです。
なんじゃそりゃ。

まぁなかなか行かない理由の一つとしては海には海以外なんもないって事ですかね。
近くにコンビニもなく、オーシャンビューが楽しめるレストランもカフェもなく、浜辺に腰を降ろす場所すらないんですから。
オーシャンビューが楽しめるラーメン屋は一軒あるんですが、長時間長居は出来ないですね。
というかラーメン屋て(笑)

寒い季節になると更に海は遠いものとなります。
家から出る事さえ躊躇うくらいですからね。
でも真冬の日本海は凄いですよ。
大シケ中の大シケ。
もし図鑑にシケが乗っているんならこの画なんだろうなぁ、と思うような素晴らしい荒れ模様です。
太平洋側、内陸に住んでいる人達には是非一度見に来て欲しいものですな。

こんな事書いてたら海行きたくなってきました。
ご飯もまだだし海沿いのラーメン屋にでも行こうかな
この豪雨の中日本海を楽しめるかはわかりませんが(笑)

台風の海

台風のとき、海の波は、真っ白に泡立ち、それが、岩壁にぶつかり、砕け散ったあと、泡が、空中をフワフワと漂うそうです。

台風の前に、海を観に行ってみました。(といっても、ただの通り道なのですが)
海岸沿いは、防波堤を飛び越えて、波しぶきが、アスファルトを水浸しにしていました。

普段は、穏やかな海水浴場なのに…と思うと、本当に、自然というものは、様々な顔を魅せてくれるなぁと思います。

数年前に、大騒ぎになった大震災の津波の様子を何度もテレビの映像で見ているので、自然の猛威と表現するには、少し物足りない感じでしたが、
(毎年、高波にさらわれて行方不明になる人もいるそうですから、そんなこと、言ってはいけないですね)

台風というと、海を観に行きたくなってしまうのは、やはり、恐いもの見たさに似た心理からでしょうか。
幼い子どもたちがいるので、危険を冒してまでは観たいと思いませんが、観たいという人の気持ちはわかります。

海を観ていると、自然の雄大さに比べての、人間の小ささが、なんだか、よく分かるような気がします。
地球上のあらゆる生物は、そんな自然の恵みを受けながら、ときには、災害という試練を与えられながら、共存しているのだと思うと、たくさんの命を犠牲にして、生かされていることを忘れえてはいけないと思いました。

家に帰ると、父が、近所の川で獲ってきたウナギをみせてくれました。
社会に出て働くことをやめた父母(定年退職)は、この田舎で自給自足の生活をしています。父が、ウナギをさばき、母が、かば焼きにしていました。
う~ん、ハングリー。

海を楽しむならダイビング
安心安全ダイビングスクールは石垣島が評判
穏やかな海でも海中は別世界。真面目に講習を受ければライセンスは取得出来ます。
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»